移転後記〜関係者インタビュー編〜

Pocket
LINEで送る

移転に関するブログも今回が最後です!
今回は社外も含め、移転プロジェクトに参加した方にこだわりや大変だったこと、感想などを聞いてみました!

まず、今回の移転の背景を教えてください。

《花房》
事業拡大・社員増員のため、ユナイテッド社との共有オフィスに限界が見えてきたのがきっかけでした。
また社員も30名を越し、今後さらに会社を大きくしていくためにも、アラン独自のカルチャーを醸成することの必要性を感じたからです。

着手前、どんなオフィスにしようとイメージしていましたか?

《花房》
あまり過度な装飾は不要で、あくまで機能性と働き心地重視のオフィスにしようと決めていました。
アランの企業理念のバリューである「120%アウトプット」を確実に実現できる空間にすることがマストでしたね。

とはいえ自身にとっても初めての自社オフィスということもあり、どのようなデザイン、レイアウトにしていいか全く分からず。。
そこでアランのロゴ制作をしてくれたデザイナーの犬塚に相談しました。

《犬塚》
花房さんから最初にもらったオーダーは、「“生産性が最大化される空間デザイン”を考えて」でした。
アランでは記事作成や編集業務で個人でじっくり集中することが必要な社員もいれば、“どんなコンテンツを作っていくか”という議論を必要とする場面も多々あります。
集中もでき、議論もできる多様なワークスペースが必要だと考え、
・1人集中スペース ・カフェスペース ・窓際カウンター席 ・ファミレス席
など、とにかく色々な種類のワークスペースを提案しました。

また1フロアでもしっかり気分を変えられるよう、
照明や家具のデザインで執務室とフリースペースの雰囲気をガラッと変えられたらなと思っていました。

犬塚が提案したレイアウト図

《花房》
犬塚のアドバイスのおかげでふんわりとしていたイメージが具体的なものに変わり、それからはいっきに進めることができました。本当に感謝ですね。

《犬塚》
いやいや(照)
あとは社員にどんなオフィスにしたいかアンケートを取ったので、なるべく満遍なくいろんな意見を取り入れるようにしました。
ゲームスペースや卓球台を設けるという意見は無理かなと思っていましたが、ノリノリで採用した花房さんを見て、さすがITベンチャーだなと思いました(笑)

ゲームスペースエリア案

社員アンケート①

社員アンケート②

イメージが出来上がってからはどのように進められたのでしょう?

《花房》
レイアウト設計、内装工事から細かい対応は、フロンティアコンサルティング社(以下FC社)に全てお願いをしました。
移転初心者の私たちを、とても細やかにサポートしてくださり非常に助かりました。
業者選定がフロンティア様に決定したあとも担当の方全員が手を抜くことは1mmもなく、
特にデザイナーの平田様には最後の最後までデザインに関するわがままを聞いていただきました。

ではそんなFC社平田さまにもご登場いただきましょう!
弊社オフィスデザインでこだわった点を教えてください。

《FC社 平田さま》
ご要望いただいていた「多様な働き方」を実現できるよう、様々なスタイルのワークプレイスを計画させていただきました。
特にフリーエリアは「バーカウンターが欲しい!」「階段みたいなステージが欲しい!」「小上がり席でゲームがしたい!」「卓球を本気でやりたい!」などなど、
新しいオフィスに対する溢れる期待をお伝えいただきましたので、それらにお答えするべく、レイアウトにはかなりこだわりました。

他社のデザインと比べてアラン社オフィスの特徴はありますか?

《FC社 平田さま》
ワークエリアとフリーエリアが共存しているところでしょうか。
オフィスの1/4を占めるフリーエリアからは、アラン様のフレッシュさ、良い意味で「なんでもあり!」な空気を感じることができ、
デザインを考えながらとても楽しんだ覚えがあります。

平田様からご提案して頂いた家具の数々

ではもっとも頭を悩ませた部分は?

《FC社 平田さま》
エントランスデザインは最後の最後まで悩みました。。
イメージをヒアリングしながら何度もお打ち合わせを重ね、1度に15案くらいパースをお持ちした日もありました(笑)。
最終的には花房様に現場に赴いていただき、実際に完成したガラスの壁を見ながらデザインを決定しました。
正直しんどかったですが、とても良い経験をさせていただきました。

エントランス案1

エントランス案2

エントランス案3

エントランス案4

最後までわがままを聞いていただきありがとうございました!
では完成したオフィスを見た感想をそれぞれお願いします!

《犬塚》
設計図やCGで見せていただいていたものよりもずっとずっとよくて、感動しました!!!!
また、新オフィスでの業務が開始すると、
打ち合わせ時に「こんな風に使ってもらえたらいいね」と話していた狙い通りにみんなが空間を使っているのを見て、すごく嬉しくなりました。
前のオフィスでは生まれなかったコミュニケーションも発生していたりと、
その場にいる人は変わらないのに空間が異なるだけでこんなにも過ごし方や関わり方が変わるのか、と驚きでした。
私たちがこんな風になったらいいな、という想いを汲み取って素敵な形にしてくださったFC社の方々に、感謝の気持ちでいっぱいになりました!

《FC社 平田さま》
完成したオフィス、というより、社員の皆様に実際に使われているオフィスを見て、安心しましたし、嬉しかったです。
バーカウンターでお話ししたり、小上がり席でお仕事したり、卓球したり、パーティーしたり、、
楽しそうに過ごしている風景が「この空間で、この人たちが、こういう日常を作っていくんだ!」と、想像していた以上に、、本当に感動でした!!

《花房》
初めての自社オフィスの為、正直とても嬉しかったです。
一方でまだまだ小規模。1mmも満足はできていないです。
オフィスから見えるエイ●ックス自社ビルや六本木●ルズのようなビルに越せるよう(笑)、さらに業績及び組織を拡大していきたいと改めて思いました。

オフィスから見える風景
いつか追い付き追い越せるように…!

無事に予定通りに移転完了ができたのも、社内の移転PJメンバーはもちろん、社外の多くの方のご協力があったおかげです!
関係者の皆さま、誠にありがとうございました。
最後にどうしても伝えたい、終わってから気づいたフロンティアコンサルティング社のすごいところ!
それは再現性の高さです!
事前に頂いていたパースと、実際のオフィスを撮り比べてみました!

エントランスビフォアー

エントランスアフター

執務室ビフォアー

執務室アフター

PARKsビフォアー

PARKsアフター

フロンティア社の皆さまには移転当日のパーティーにもご参加いただき、一緒に完成の喜びと達成感をお祝いしました!
設計を担当していただいた平田さまは、感極まって涙も…
私もなんだか嬉しくなり、もらい泣きしそうになってしまいました。

最後に代表の花房より、今後の心意気です!

《花房》
アラン初となる自社オフィスで、心機一転、最高のサービスを最高の組織で創り上げた上で、
前述の通り、より素晴らしいオフィスを構えられるような圧倒的な業績を残していきたいです。
今後とも、何卒よろしくお願いします!

フロンティア社含めた移転プロジェクトのメンバーです!お疲れ様でした!
アランでは以下のポジションをはじめ、一緒に働く仲間を募集しております!
詳しくはwantedlyをぜひご覧ください!!

◼︎新規事業をゾクゾクと創り上げる開発と技術が大好きなCTO求む
https://www.wantedly.com/projects/110711
◼︎ブロックチェーンの最新情報を届ける新規メディアの『ディレクター』募集
https://www.wantedly.com/projects/154730
◼︎LGBTs当事者大歓迎!ウェブメディアを急成長させるライター募集
https://www.wantedly.com/projects/185090
◼︎ヘアラボ事業部の実力派セールスマン
https://www.wantedly.com/projects/161665

Pocket
LINEで送る