アランで働く社員の1日〜編集者に密着してみた〜

Pocket
LINEで送る

アラン・プロダクツで働く社員の1日をご紹介する企画『アランで働く社員の1日』。

今回は2016年に中途入社した編集者、岸本さんの1日をご紹介します!

アランで働いている編集者って、どんな1日を過ごしているの?」と気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

−−現在の仕事の内容は?

弊社が運営しているWebメディア「ヘアラボ」と「&Hair」の編集をしています。

具体的には、読者のニーズの調査結果をもとに構成に作成し、社内外のライターさんに執筆の依頼、さらには原稿のチェックをしています。

−−仕事のやりがいは?

Webメディアの編集者としてのやりがいは、自分の記事がどれだけの人に見られているかなどの影響度が、すぐに数値として現れることですね。

また「ヘアラボ」や「&Hair」はユーザーの髪の悩みを解決する目的で記事を提供しているので、自己満足のためではなく“ユーザーのために記事を作る”といった点にもやりがいを感じています。

9:00〜 チェックイン(朝礼)


私が所属しているコンテンツチームでは、会社全体での連絡事項の共有の後に、毎朝チェックイン(朝礼)を行っています。

チェックインでは「今日1日何をするのか」について、メンバー各自がチームに共有します。ここで今日やるべきこと、したいことを整理しています。

自分の1日の動きの整理ができるだけでなく、みんなが何をしているのか、意気込みとともに知れるいい機会になっています。

9:10〜 ユーザーヒアリングの録音を聞く

ユーザーヒアリングでは、実際にヘアラボを使用するユーザーがどんな経緯でこのサイトと出会ったのかどんな気持ちで悩みと向き合っているのか、など事業部のメンバーが不定期でユーザーからお話を伺っています。

ただ、事業部全員がヒアリングに参加することができないため、録音された音声を聞くことでユーザーの気持ちをより理解できるようにと努めています。

この日は、先日ヒアリングした2名の男性のお話(録音)を聞きました。

読者の生の声を聞く理由を端的にお伝えすると、より読者のためになる記事作りをするためです。

読者のためになる記事を作るためには、「読者はきっとこういうものだ」という思い込みをするのは危険。思い込みのせいで、誰のためにもならない記事になってしまう恐れがあるからです。

なので、私たちはアランの行動指針『前提を大いに疑え』にならって、簡単にイメージできる読者像にとらわれることのないよう、読者の生の声を参考にして、よりよい記事作りに活かしています。


10:30〜 コンテンツチームMTGの事前打ち合わせ

「ヘアラボ」「&Hair」の編集者、ライター全員で行うコンテンツチームのMTGは役が持ち回り制。担当者は、事前にMTGの打ち合わせを行っています。

打ち合わせでは、今日のMTGでどの議題を取り扱うか、どんな順序で進行するかなど、MTGの内容を事前に決めました。

11:00〜 コンテンツチームMTG

コンテンツチームMTGは「ベストアイデアを提供するための解決と団結の場」をテーマに課題解決やチームの団結を目的とした会議です。

会議では、事前にチームメンバーから持ち寄った議題について話し合います。

皆が気持ちよく議論に参加できるよう/建設的な話合いになるように、コンテンツチームMTGには以下のルールを設けてるんですよ。

  • 他者の意見を否定しない(反対意見述べるのはOK)
  • 話者は一人
  • 個別具体の話は控える(全体に関わることを話す)
  • 10分に1回は発言する
  • 事実を基に話す(感覚ベースで発言しない)

これらのルールを設けてから、皆が議論に参加できるようになり、チームの課題に対して前向きに向き合えるようになりました。

今回私は議事録を担当していたので、参加できなかったメンバーが後から見てMTGの内容が理解できるように心がけながら、議論内容や決定事項をメモしました。

議事録担当者はMTG後、抜け漏れがないか確認をしてチームに共有します。

12:00〜 ランチ

お昼は、同僚と会社の近くにランチに行きました!

お弁当を買って社内で食べることもありますが、気分転換になるのでできるだけ外で食べるようにしています。

今日は会社から5分ほどのところにあるカフェ「ロータス」へ! 毎週ランチメニューが変わるので、飽きることもなくてお気に入りです☆

13:00〜 &Hairの打ち合わせ

今回の「&Hair」の打ち合わせでは、今Q(7月ー9月)の目標について話し合い。

編集長の溝手(みぞて)さん、編集者の高畠(たかばたけ)さんとともに「&Hair」の未来を語り合いながら、実現可能性がありつつも、チャレンジングな目標を設定できたと思います。

14:30〜 ライターの原稿にフィードバック

外部のライターさんに依頼していた原稿があがってきたので、内容を確認し、フィードバックを行いました。

一緒に良い記事を作り上げる並走者であることを意識して、こちらの一方的な指示にならないように提案のかたちでフィードバックするように心がけています。

18:00〜 チェックアウト(締め会)

コンテンツ作成に関わるメンバー全員でチェックアウトを行っています。

事業部をまたいだメンバーで行われるので、業務では関わらない人がどんなことを考えているのかを知ることができたり、チームメンバーの気づきを聞いて自分もやってみよう、と思ったりなど、学びの多い時間です。

仕事が残っている日は少し残って作業をしますが、この日はチェックアウトの後、片づけを済まして帰宅しました。

 

アランでは一緒に働く仲間を募集しています!

今回は、2016年に 中途で入社した岸本さんの1日をご紹介しました。

アランでは、一緒に働いてくれる仲間(編集者/ライター)を絶賛募集中です。

アランの社内をもっと見てみたい」「とりあえず話でも聞いてみようかな

アランの編集者/ライターに直接話を聞いてみたい

こんな方はぜひ、アランに一度遊びにきてくださいね!

アラン社の選考を受けたい方はこちらから

編集者・ライターの募集要項

Pocket
LINEで送る